2011.10.07 Friday

夢日記 ペルビアンクォーツとの対話

0
    ペルーから1ヶ月の長旅をへて、我が家にペルビアンクォーツが到着した。

    ペルビアンクォーツとは、ペルーのワヌコ近郊でとれるお花のつぼみのような形状のクォーツのこと。(・・・を勝手にそう呼んでいる)

    一本のクリスタルポイントの周りにいくつもの小さなポイントが結晶して囲んでいる。



    私はこの結晶の形がとっても好き。

    ペルビアンクォーツの一つを手に持って、時々目の前でその形状をながめながらフトンに入った。

    すると、目の前にかざしたペルビアンクォーツの中心からなんともいえない優しい色合いの光が発光をはじめた。


    「これは、やばいでしょ。。っ。」

    そして、その光は強くなったり弱くなったりしながらサインを送ってくる

    「ペルビアンクォーツの精霊。」

    と、言葉ではないブルーとグリーンの光の挨拶をした。



    そしてここからが驚きだった。

    ペルビアンクォーツの私のお気に入りの結晶構造から、そのクリスタルポイントはまったく別な結晶構造の形へと変化を遂げた。

    それは、説明ができないほどに芸術的で完全なバランスの取れた不思議なクリスタルとなった。

    「これはおかしい。。。」


    手の中で石の形が変わるという、あまりにもびっくりした出来事だったので、私は夢と現実の隙間で迷子になりはじめる。

    さらには、見詰め合うクリスタルと私との次元の境と時間がなくなり空間がリアルに感じられてきた。

    これは少し金縛りに近い不思議な感覚である。

    「このままこの場所へいたら戻れなくなる。」

    石の側面が近づき、クリスタルの中に引き込まれそうになりながらも私は現実の世界へと意識をフォーカスした。

    そして、

    無事帰ってきた。

    手にはペルビアンクォーツが握られている。

    いったいどの瞬間からあちらの世界へ行ってしまったのだろうか。



    ブログランキングに参加しています。
    精神世界
    2011.08.16 Tuesday

    癒しの剣

    0
      今日は夢の中で手術を受けました。そしておなかの中から、ドクターが黒い棒状のものを引き抜きました。

      そのときの感想

      「痛いかな〜。あれ?全然いたくない。」


      ちなみにうちの弟のおなかの中にも棒状の黒いものが7本入っていて(曲がってるバージョンもあった。)それを取る手術を受けました。

      その不思議な手術では、おなかに傷はなく、なんと日帰りが可能。

      二人で回転寿司を食べて帰りました。

      と、いう夢。


      そして。。。

      昼間、町で不思議なアイテムに遭遇。(こちらは現実の話)





      先のとがった魚の口ばし部分を使った剣です。

      この海のエレメントの剣の刃の部分はもちろん金属ではないので切れません。刺すことは可能かもしれませんが。。。



      それで、この戦うことのできない剣のアイテムの役割を考えてみました。

      「何につかうんだろう。。。」

      それで夢のことを思い出しました。

      「夢の中の手術!」

      ジャングルや海など自然の中にいるとき、よくこういったたぐいの夢を見ます。

      海には浄化と癒しのエネルギーがあると伝えられています。

      魚の先端でできた剣は、サイキックな手術や、枕元に飾って夢の中で体の中のいらないものを取り出したりするアイテム。

      なんだかそう思うのです。

      この世に生まれたすべてのアイテムに、意味があると私は思います。



      ブログランキングに参加しています。
      精神世界


      私の夢日記はこちら

      2011.05.25 Wednesday

      精霊の歌

      0
        お昼、あまりにも車の騒音がひどいので、耳栓をして昼寝。

        夢の中で、精霊の歌を聴く。

        何語とも言えないその歌は、女の人が歌っていて、知っている歌だった。

        夜、口から胃袋をペロンと裏返されて取りだされ、チョキンと切られ、新しいものと交換させられ、元に戻すという手術を受ける夢を見た。

        ジャングルの近くにくるとどうしてこういう夢ばかりみるのだろう。。。

        前回、ペルーのマヌージャングルでは、目玉から手をつっこまれ、頭の中からなにかよくないものを引き抜かれた夢を見た。


        前回のジャングルでの夢

        http://blog.rootpeople.net/?eid=151561

        ブログランキングに参加しています。
        精神世界
        2011.04.21 Thursday

        夢の中で到着した荷物。

        0
          今日、宅急便が届いた。


          。。。。。夢を見た。



          前に、夢の中を旅行して買ったであろうものらしいのだけど。

          ちょっと大きかったみたいで、荷物を運ぶのに大変そう。



          。。。。って今ブログ書いていたら本当に宅急便が来た!

          箱、ちいさい。


          中身は、私が大好きな本「聖なる予言」ジェームズレッドフィールド

          の日本語版DVD!

          やった〜一度見てみたかったんだ。


          ふふふん〜。








          ブログランキングに参加しています。
          精神世界




          2011.03.14 Monday

          夢の中でできること。

          0


            「わぁ。あぶねぇ。今、原子炉をひやしているんだ。」

            寝ぼけて急に起き上がった弟が、目を瞑りながらそういった。

            そう言ってまた眠った。

            どうやら、夢の中で原子炉を冷やす活動をしていたらしい。

            「その手があったか!」

            私も参戦することにした。

            “夢の中やイメージで原子炉が冷えるように活動する。”

            それではお休みなさい。
            2011.02.15 Tuesday

            夢で現れた友人

            0
              今年になってからなぜか頻繁に夢に登場してくる昔の友人がいた。

              私がまだ保育園とか小学生の頃の地元の友人。

              そして昨日また同じ友人の夢を見た。

              「○○ちゃん。今、そういえば何してるんだろう?」

              10年くらい前地元を離れてからほとんど、昔の友人達とは会えていない。

              よくよく考えたら、年間、地元の新潟に帰るより、アメリカに行ってる方が多いことが判明。

              というか、ほとんど帰っていなかった。


              そしたら、今朝、ほんと、すごいことが起こった。


              昨日の夢の登場人物である、彼女からのメール。


              「すごい。。。。!」

              笑っちゃうほどの偶然に、ただただ驚く。


              こんなことってあるんだね。





              ブログランキングに参加中
              精神世界



              2011.02.13 Sunday

              魔法の石の鏡と魔法の木の鍵

              0
                ”大きな大きな白い鳥が上空を舞い、その羽が足元に舞い降りた。”

                私はその大きな白い羽を見て、
                「これブログでみんなに見せてあげたい」

                と思いカメラを構え、写真を撮った。

                そして夢から覚めた。

                「なんだぁ。夢だった。チッ!」

                もちろん、カメラには写っていない。

                外を見ると今日は快晴!オパールの撮影日和である!




                私は、2時の場所へ向かう。

                2時の場所とは、2時にとてもよい光が差し込む場所。

                他にも、4時の木とか朝の苔場(モスプレイス)とか、私には時間ごとにお気に入りな場所がいくつかある。

                いくつか撮影していると、

                カメラのバッテリーが切れた!

                そういえば、夢のなかでこのカメラを使ったことを思い出す。

                しょうがないから、早めにきりあげてご飯を食べにでかけることにした。



                「ん?」


                途中、小さなお店のドアにぶら下げられた、不思議なアイテムに目が止まった。

                それは、手づくりで彫刻された鍵モチーフのペンダントだった。

                中にはいってみるとギャラリーになっていて、今はいろんなアーティストの製作した物が並んでいる。

                「このペンダントすてきですね。」

                木彫りの魔法の鍵に引かれてお店に入り、お店の店主と話しこむ。

                ちょうど、撮影用にもちあるいてたペンダントをみせたりしながら。。。

                そこで、お店の内装に使われている鏡が気になった。


                おそらく天然石を使用したであろう、モザイク模様の姿見。


                「すごいこれ!こういうの作りたい!」

                私が天然石が大好きなことを話すと、

                「実はこのアーティスト(彼女)はもう亡くなっちゃったんだけど、すごい芸術家でね、石がとっても好きだったの。。。」

                そのとき、うしろの壁にかかっていた吸盤フックが落ちた。


                「あ。。。。」

                二人でフックを見た。

                私は、それがどういう意味か、言うのをあえてやめた。

                すると店主。


                「彼女が来てるのね。きっと、あなたも石好きだから。」

                フックは、その石でできた魔法の鏡の目の前の壁で落ちた。

                すてきな作品を見せてくれてありがとう。

                そう思った。

                そのあとそのギャラリーのレンタルの話なんかをした。

                もしかしたら縁あって呼ばれたのかも。

                いつかこのギャラリーで作品展をする際にはぜひ皆さん遊びに来てくださいね。







                ブログランキングに参加中
                精神世界
                2011.01.22 Saturday

                夢を見た

                0
                  「産まれてはじめてだよ!」

                  真夜中、魔法の杖を作っている私に、寝ていたはずの弟が、

                  「ガバッ」と急に起き上がって発した言葉。

                  「何が産まれて初めてなの?」


                  寝ぼけて混乱している弟は、真剣なまなざしで、こちらを見つめ、

                  しばらく無言。

                  そして、180度方向転換してまた眠り始めた。



                  すごく気になる!

                  「ねぇ。ねぇ。おねえちゃんに話しかけておいて、寝る気かい?何が産まれてはじめてなの?」


                  むりやり起こす、思いやりのない姉。

                  「産まれてはじめて、サッカーの試合に出た夢。俺が出たっていうか。。。。あ。違うかな。」

                  産まれて初めてサッカーの試合に出た夢?

                  「はぁ?」

                  私なんかさ、何度も出場してるよ。

                  けどさぁ、ほとんどが、産まれて初めて見る夢だよねぇ。

                  そのたびに、報告しなくていいよ。

                  弟がまた起き上がるとよくないので、途中まで製作したカヤナイトの魔法の杖を隣に並べて私も眠ることにした。


                  そして見た夢。


                  夢の中で、目が見えない女性が、封筒を持っていた。


                  その手紙を届けてほしいと。


                  私はその手紙を預かると、彼女が提出したがっていた場所へ向かった。


                  そこで、目がさめた。


                  産まれてはじめて見た。



                  目が見えない人から手紙を受け取った夢。
                  いったい、どんな意味があるのだろう。。。





                  ブログランキングに参加中
                  精神世界
                  2010.12.21 Tuesday

                  夢日記 クリスタル世界への旅

                  0
                    2010年12月

                    世界各国から集めた新しい石達が増えてきた。


                    ネットにも本にもインフォメーションがない初めて見る新しい石達は、額に乗せたり、手に握って眠ることにしている。



                    そうすると、夢の世界と現実の世界の境目で、リアルで不思議な感覚を伴う面白いクリスタル達に触れることができる。


                    手に握り締められた石の感覚は、夢から覚めるときの現実の世界へとの道しるべとなり、鮮明な夢の記憶と共にココに帰ってくることができる。


                    真夜中、夢の世界を、クリスタルと共に旅に出かける。


                    *この夢日記シリーズは過去に見た夢を記録したものです。


                    精神世界
                    2010.12.15 Wednesday

                    夢日記 ゴニアタイトヘマタイト

                    0
                      握って寝たのは、ヘマタイト化したアンモナイトの祖先達。

                      これはアンモナイトの祖先にあたるゴニアタイトがヘマタイトという銀色の石と一体化したゴニアタイトヘマタイトと呼ばれる化石である。



                      朝。。。

                      「あれ?夢おぼえてないや。」


                      そこに弟の一言。


                      「願い事唱えなさい。って言ってたよ。」

                      寝言でブツブツ言っていたのを聞き返したらそう答えたのだそうだ。


                      ゴニアタイトの魔法の呪文。

                      ゴニアタイトを握って眠った人が、「願い事を唱えなさい」と寝言を唱えたら、側にいるラッキーな人は自分の願いをかなえるチャンスかもしれません。


                      精神世界
                      Profile
                      ▼魔法のアイテムを探す旅
                      ●制作日記
                      ●2014〜作品制作ブログ
                      ●夢日記
                      Selected Entries
                      Categories
                      Recent Comment
                      Search this site.
                      Others
                      Archives
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM