<< 儀式 聖水 | main | 大きな巨人の塗り絵 >>
2004.01.11 Sunday

魔法使いの診療所

0
    儀式が終了した。

    生水を飲んじゃったので、無事というわけではないが。。


    老人が、コカコーラのビンにお手製の特性ドリンクを作っていれてくれた。

    これを朝晩7日間のむこと。何か、藻のようなものが、フワフワ浮いている茶色いドリンク。ダイジョウブなのか?



    その後、スリランカにいる間は、せっかくビッフェででたスペアリブも酒もがまんした。きっと周りの人たちは不思議に思っただろうが…スリランカにいるときだけでもイスラムの教えを守った。

    7日間でた特性ドリンクは4日目くらいからなんだか臭ってしまい飲む気がしなかったのでさすがにやめた。


    不思議なことに、毎朝続いていた腹痛は儀式の次の日からピタッと治まった。

    偏頭痛肩こりは日本にいる今も治らない。ちなみに今、私はピッグも食べるし酒も飲む。

    焼肉に負けて、あっさりと、仏教徒に改宗した。

    だからまたいつかスリランカのあの診療所へ行かなければならない。

    *ちなみに、インドに行ったときもイスラム系のインド人が四角いドゥーワをつけていた。男性は主にスクエア型のものをみにつけて、女性はカプセル型。ドゥーワに入った魔方陣は蝋燭のロウで封印して閉じられていた。


    宗教じょうの理由なのか、医療を受けたがらない昔の人達にとって、呪術師(シャーマン)はお医者さんも同然。


    老人の身なりから、おそらく、ボランティアのような価格で魔法を使って診察し、モスクの隣で神に仕えている老人。


    宗教も、人種も関係なく、訪れた人達を診療する。

    そこは、不思議な、魔法を使う老人の診療所。

    地球のどこかで、こんな不思議な診療所がきっとまだたくさんあるのだろう。


    不思議な診療所 (終)


    読んでくれてありがとうございます。
    ブログランキングに参加中。

    精神世界


    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM