<< マクラメ(ロウヒモ)アクセサリー修行中 | main | ビルガバンバ生活 >>
2009.08.24 Monday

ケチュア族の魔よけの壁掛け(タペストリー)

0
    そもそもなぜエクアドルのビルガバンバまで来たかというと、リンクしているの
    はセドナとツーソンでの滞在。

    私はそこで、インディオの作ったマクラメ作品に出会う。

    守護してくれる動物の一部やそのモチーフが編まれているタペストリー。



    それでこの作者は誰なのか、どこにいるのかを調べてみると、このエクアドルの
    ビルガバンバにたどりついた。

    この旅に同行してくれた、このワイルーロの実のマクラメペンダントがここまで
    連れてきてくれたのです。


    だけどこの製作者のインディオファミリーはもうこの町にはいなくて別な国に行っ
    てしまったとのこと。

    町のアーティスト達はマクラメの作品をみればそれが誰が作ったのかわかる。

    彼のお父さんはシャーマンで、木の周りをマクラメ編んだすごく素敵なワンドを
    もっいている。どんな風にそのワンドが使
    われるのか、また、どんな呪術を扱う部族なのか。
    そして、マクラメで編んだ伝統的な魔法の杖を一度この目で見てみたかったなぁ。

    だけどこんなステキな場所にこれてよかった。またいつか戻ってきて
    山ごもりして作品づくりするならこの町がいい!

    やさしい村人と素敵な出会いも沢山!

    そろそろ次の場所へ出発しようと決める

    次は海かジャングル!
    次なる場所へ出発を決めた帰り道、空に大きな虹が現れる。
    よくみるとマダガスカル滞在中にも現れたダブルレインボー!



    きっとワクワクする出来事を予言するダブル虹マーク
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM