<< 夢の中のマクラメの授業 | main | マクラメネット教室少しづつ始まりました。 >>
2019.01.06 Sunday

沖縄の洞窟探検 赤と白の精霊鍾乳石

0

    JUGEMテーマ:パワーストーン

     

    最近たまたま製作したのが鍵のモチーフで、一体何が開くんだ?と思っていたらこの場所でした。

     

    洞窟!

     

    なぜか洞窟には不思議と思い入れがあり、あちこちの国で探検したのですが、沖縄だけは遠慮していたのです。

    それは、沖縄戦で洞窟で亡くなった方々がたくさんいるのではないかと勝手に思い込んでいたからです。

     

    洞窟の前を通るたびに「入ってみよう!」と旦那に言われ、その度に「ノーセンキュー」と断っていました。

     

    ですがついに時がきました。

     

    公園で娘を遊ばせるはずだったのですが、雨が降り、このままでは娘もグズグズなので通りかかった洞窟へ雨宿りを兼ねてついにいくことになったのです。

     

    しかし、雨が降って洞窟で雨宿りする人がいるんですかねぇ。。。やっぱり他には誰もいません。

     

     

    パンフレットを入り口で受け取りとりあえず私は真っ先にこの洞窟の情報を読みました。

     

     

    この洞窟は”命をしのいだ洞窟”という「ぬちしぬじガマ」という名前の洞窟でした。

    戦時中に300人の住人が避難し戦闘による犠牲者は一人も命を落とすことなく助かり、しかも避難中に子供たちが産まれた縁起の良い場所とあります。

     

     

    テンションが上がったところで全長200mの洞窟を探検です!階段なのでベビーカートはダメですよ。

     

     

    洞窟の中はちゃんと歩きやすいように整っていてライトアップされていました。

     

     

    洞窟の壁には所々カルサイトがキラキラしていて、それをまじかで見ることができます。しかも、赤土が混ざることによって出来上がる珍しい赤い鍾乳石と白い鍾乳石が向かい合っているのを見ることができます。

     

    ここの洞窟の御神体なのでしょうか。。。

    赤い方の精霊みたいな鍾乳石。鍾乳石は10年で1ミリ成長するらしいのですが、一体何歳なのでしょうかね。

    赤い鍾乳石の真下には、鍾乳石の水滴を受け止めるようなプールができていました。きっとこの水は神聖なことに使われていたのだろうな。

     

     

    向かい合っている白い方の精霊みたいな鍾乳石。

    洞窟に避難した人達がこの二つの鍾乳石に平和への願いを祈っていたような気がしてなりません。

     

     

    ちなみにこの紅白のお正月みたいな洞窟もうひとつ可愛らしい場所があります。

     

    緑色のハートの光が差し込む場所。

     

     

    んんん。。。あとちょっとでハートな感じですね。シダ植物、頑張れ!

     

    いよいよ地上です。

     

     

    写真左手の穴から出てきました。

     

    人は人生で一体いくつの洞窟を抜けるのでしょう。

    洞窟からぬけた時、世界が違って見えるのは気のせいでしょうか。。。

    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM