<< 妖精とのコンタクト上級編 | main | 飛行機の中で聞いたメッセージ >>
2009.03.01 Sunday

ガイド

0
    またも驚きの偶然。

    今日は午前中ボルテックス付近の森を一人でハイク。
    そして「デットマンパス」という道で迷子になり疲れ果てたあげく休憩することに。

    疲れたので、一休みしていると、数人の日本人の声が。。。


    そこになじみの顔。

    「あ!イルさん!」

    実はイルさんとは、このあと数時間後にホテルで待ちあわせしていて、
    会う予定でした。

    私は携帯を持っていないので、待ちあわせ時間の変更をホテルに伝言しておいたとのこと。

    セドナのいくつもあるボルテックスの、しかもこんな所でこれまた偶然出会うなんて。。。

    きっとこれにはなにか、今後に関わる、すごいことがリンクしていると。。。


    イルさんは、時々チャネリングで受け取ったメッセージをやわらかく観光
    客さんへ教えてくれます。

    「森に行くといいよ。」という言葉の裏には、「君は森に絶対行くべきなんだよ。人生変わるような変化がおきちゃうと思うよ。ふふふ。」

    という強いメッセージが込められていますので軽く聞きながさないように要注意!

    イルさんのHP。
    http://sedonadolphins.com/

    それと、コネクションマジックのスペシャリスト。
    ご縁がある人と人をガンガンつなげていきます。

    「もっと森に行くようにいったのに〜」

    とイルさん。

    自然ともっとダイレクトにコミニュケーションとるとよいのだそうです。

    だれかを通さなくても直接メッセージを受け取ればいいのだとか。


    だから、りーさん(ドルフィンさんのだんなさん)のリーディングでも

    妖精とワークしていると。。。

    そういえば、セドナで通ったインディアンの長老にも、自然界の妖精やら精霊やらのコンタクトの方法をセドナ滞在中ずっとならってきました。

    「直接、真実とつながりなさい。本や、人を通したものには時々本当の情報とそうでない情報がある。」

    そして、ジム長老の最後の授業の言葉。

    「いろんな情報にまどわされずに、自分の中の真実をみつけなさい。
    君は今度セドナにやってくるときは別人になってるね。」

    と。セドナでの滞在は、さまざまな学びがとても凝縮しておこりました。

    ブログランキングに参加中です。

    精神世界


    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM