<< パイライト標本 | main |
2018.02.02 Friday

宇宙のワンド オクタヘドロンの受信機

0

    JUGEMテーマ:パワーストーン

     

    ただいま、宇宙がテーマの魔法の杖を制作しています。


     

     

    装飾にはギベオン隕石と水晶を合わせたものと、モスダバイト隕石 ブルートパーズ(加熱着色)それとパイライトの結晶です。

     

     

    先端のこの不思議な石はパタゴニア産

    この鉱石はマグネタイトが長い時間をかけヘマタイト化したもの。地中にむけて、このような形状に結晶化したそうです。

     

     

    軸 黒い部分:フランクリン鉱franklinite (ニュージャージーUSA産)*willemiteとcalciteが含まれる場合があります。

     

     

    この鉱石にはこの軸かな?と思い偶然に手に入ったコレクションパーツで組み立てたところ

    偶然にも、どちらも結晶構造が正八面体であることが判明。

     

    正八面体のバイブレーションが物質化した鉱石の杖。

     

    ちなみに、正八面体は正四面体が二つ合わさってできていて、上下にポイントがある。

    そういえばこのワンドも上下にポイントを設置した。

     

    装飾には、鉱石ラジオの検波器として使用されることで有名な「パイライト」を使用。きっと何かを、受信しているかもしれませんね。

     

    他にも様々な鉱石が電波を受信しているそうです。パイライトはたまたまラジオ波ですが、私は、それ以外の波長にもパイライトを始めとする鉱石は受信装置的な役割があると思います。そのバイブレーションは、インスピレーションとかアイデアとかイメージとか、体や感情の調整とか、そういうので伝達される気がしていて、水晶やマグネタイト、ヘマタイト、その他多数の鉱石がそれぞれのカテゴリーで繋がる発信元がある気がします。

     

    それで、皆さん鉱石の趣味なんかの違いや好き嫌いが出るわけですね。その人に必要な情報を持ったものが現れてくる!

     

    それぞれの鉱石に受信したものを増幅する装置(コイル)などを設置したら受信しやすいかもしれませんが、でも石に意識を集中することや、その色彩や結晶構造を眺めることによって脳の受信回路のスイッチをプチッとオンになって、それを自然と必要な情報にアクセスしダウンロードしている気がしますが。。。

     

    さてと。続きを制作しますね。

     

    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM