<< 出産 | main | ウォーミングアップ >>
2017.01.05 Thursday

陣痛と時間感覚

0

    JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

     

    皆様明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

     

    妊娠すると食べ物の嗜好が変わると言いますが、出産すると、聞きたい音楽の嗜好も変わります。(私だけでしょうか。。。)

     

    それでいろいろ調べたら、ジャンルが讃美歌(キリスト教の神を讃える歌)だったということが判明。

     

    うちのベビーが聞きたい音楽ということにして、大好きなBzから、一時的にBGMを讃美歌へとシフトしたお正月でした。

     

    今日は陣痛について書こうと思います。

     

    とりあえず、怖がりな私はなるべく他人の出産経験談を聞かないようにして出産に挑みました。

    痛い、とかスイカが出るとか出ないとか、どう考えてもネガティブでつらそうじゃないですか!

     

    どちらにせよ痛いなら、ぶっつけ本番がいい。と思ったのです。

     

    それで、自分的には2時間くらいでスルスル産まれる予定にして、必殺「ドルフィンの魔法」を使ったのです。

     

    (まぁ、正確には自分で作ったドルフィンペンダントをしてただけですけど。)

     

    ドルフィン出産とかがあるくらいですから、ドルフィンは赤ちゃんを産道から地球に導くよいガイドになってくれそうですよね。

     

    はい。

     

    その結果

     

    陣痛きて16時間で出産。

     

    初産はこれくらいが普通なのだそうですけど、大幅に予定を超えちゃっています(笑)

     

    そもそも陣痛ってベビーが通ってくるゲートが開いてゆく痛み。

     

    それが10分に1分間隔ではじめの方はやってきて、最後には3分に1分の間隔になる。

     

    その一分間は動けないくらいに痛いから、とりあえず何も考えられなくなり

     

    できることは吐く呼吸に集中する事のみとなります。

     

    これって究極の現在”にフォーカスした瞑想なんじゃないかと。

     

    それによって起こる魔法が

     

    時間の超越。

     

     

     

    時間という感覚がなくなり、無の意識状態に入っていく。

     

    わたしは、陣痛がくると、平べったくて皺くちゃの妖精やら、姿形が違う妖精が次々にビジョンで見え

    過去最高の、時間が短縮している経験をしました。

     

     

    あとになって振り返ると、16時間も分娩室に?と驚くのです。

     

     

    それでベビーが産まれる瞬間真っ白な空間を頭の中に見ていました。

    限界を超えたような境界線の向こうに、自分が抜けたような不思議な感覚がやってきて

    このとき、「私一回死んだな。」と平和に思うのです。

     

    陣痛は宇宙の意識状態に波長を合わせてゆくゲートをくぐるための準備のためのもので、痛みを螺旋状に配置したの魔法陣みたいなもの。

     

    どんな体験をするのか人それぞれだと思いますが、これから出産する人、どうかそんなに怖がらないでくださいね。

     

    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM