<< ナスカクォーツの妖精 | main | 魔法の杖 >>
2016.02.21 Sunday

尾鰭(おびれ)の印

0
    JUGEMテーマ:スピリチュアル

    編み術を使った魔法の杖を製作しています

    今日は”尾鰭の印”

    これは金魚をイメージしたトップの印



    コバルトカルサイトから後方へのびるのは”尾鰭の印”(おびれのいん)の一種。

    おびれとは魚の尾の意味
    この印は、石(カボション)の後方へ装飾され付け加えられるもの。
    物事を急進させるときや方向転換するときに使う印である。


    尾鰭の印にはいくつかの種類がある

    今回は、”流れの印”の変形バージョンを尾鰭の印としてみた。



    流れの印は右螺旋と左螺旋が調和した自由のシンボルである。 
    右と左の渦巻きをうまく調和させると
    二つの相対するエネルギーがハートの印になる。





    ハートの印の変形でもある流れの印は、みんなのエネルギーがオリジナルで違うようにとても自由で個性的な配置を取る。

    螺旋を編めばそれがみな一人一人違った螺旋を編み描く。



    尾鰭の印は右と左螺旋を自分の心地よい場所で留め配置する。

    それは主体となる石に合わせてもよいし目的にあわせてもよい。

    「これでよし!」と自らがなっとくできる螺旋の配置であれば、それは姿形を変えた愛のマークであり、心が調和された ”ハートの印”となる。



    方向の印”と違うのは、方向の印が自らの意思の力により進む鋭さと強さの象徴であるものに対して、流れの印を使用した尾鰭の印は、後方から愛と調和によって押し上げコントロールする力や、ふわりと包み込むような大きさと安心感がある。

    なので少し優しい感じの魔法の杖を製作するときに編み込まれる。




    カッコの部分が尾鰭の印 エネルギーの向かう方向は矢印。 




    ​先端のダイヤポイント(黒点)は、エネルギー(意図)が溜まるところ。それを魔法の杖のクリスタルの先端に合わせて配置する。





    と、いうわけで魔法の杖製作中。
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM