<< ブラックデビルが現れいよいよ病院へ行く。。。 | main | シャーマン宅で倒れる。。。 >>
2011.06.20 Monday

魔法の薬草シャワー

0
    本格的に私の体調を心配しはじめたルビーちゃん。

    薬草を3日間蒸したりにたりして、黒い薬草の液体をつくった。



    これでシャワーをして体を清めると、悪い魔法やエネルギーがでていくのだそうだ。

    悪いエネルギーを追い払う葉を中心に、ラッキーがくる魔法の葉などが12種類ほど。

    病院で現実的対処(血液検査)をしたので、今度はエネルギー的対処方法を試みるようだ。



    なぜ、そんなに薬草や魔法の知識が豊富なのか聞いてみた。

    ルビーちゃん:
    「実は、アヤワスカのセレモニーなんかをやらなくても、7日間の断食のあと、
    自分が知りたい真実を映画のように見ることができる。ここイキトスの町では、黒魔術がすごくて、何度も危ない目にあった。昔、世話になったシャーマンが、もし、自分が死んでも自分で魔術が使えるように私に伝授してくれた。
    だからすごくべんきょうして、強くなった。困っている人を助けようと思った。
    でも、みなが恐れると思って秘密で自分だけに魔法を使ってる。」

    「7日間断食できる」っていうところが、魔法使いに値する。と思う。よっぽど根性と体がつよくなければだめだ。

    そういうと、半分に割った巨大なレモンを持ち、ブツブツ呪文を唱えながらそれで私の体をこすりあわせる。。。それも、念をこめて。

    蚊にさされてブツブツになってるところが痛い。


    悪い部分が泡立つのだそうだ。

    「あなたは首元から胸にかけてだけ悪いね。」

    そのあと、頭の頭皮や髪の毛にもレモンの果肉をこすりあわせた。

    人間すりおろし器になったみたいで、正直いって痛い。

    黒く染めた髪もきっと抜けて茶色になることだろう。。。

    レモンで体の隅々までブラッシングしたら、こんどは3日間かけて作った黒い液体を頭、髪、体へぬりこむ。

    「3日間体洗っちゃダメ。そしたら、すべてよくなるからさ」

    髪を自然乾燥させながら、夜のイキトスの町をトゥクトゥクで駆け抜ける。

    途中で、ポィっとブラッシングしたレモンを道路のわきに投げ捨てた。

    「あれは悪いものを拭ったから、家から遠い外へすてなければならないの。」

    そして、来た道と違う道を通って帰った。

    それにも、悪いものを払いさる魔法のルールがあるらしい。

    これから数日後、私の体の調子は回復することになる。





    ブログランキングに参加しています。
    精神世界



    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM