<< 儀式 | main | ピンクドルフィンの魔術 >>
2011.06.09 Thursday

道端でサードアイの魔法をかけられる。

0
    。。。。というわけで、いろいろ学びの多かった、ジャングル滞在から、体も回復し、ジャングル近郊の町イキトスへ戻ってくる。

    町を歩き、アルマスの広場に通りかかると、

    アクセサリー売りの兄ちゃんに、呼び止められる。

    「ちょっとこっちこい」

    そのジャンキーっぽく見える兄ちゃんは、2本の糸を結び始めた。2本のひもを6回ねじり結び目を作ると、こんどは、わっかを作った。

    「ここに、息を強く吹き込んで。」

    私が息を吹き込むと、輪っかをしぼって結んだ。

    そしてさらに二箇所結び目を作ると、息を吹きかけてなにやら魔法をかけた。

    そうする、目玉のような模様になった。





    「これはサードアイだ。」


    サードアイを指さしよく見えるジャスチャーをした。

    額にある、ものごとの真実を見る目。


    (勝手にわけのわからぬ、魔法をかけないでおくれ。。。。まったくこの町は油断ならん。。。)

    サードアイの魔法をかけられた結び目を私の手首にブレスレットのように結ぶと。。。




    「ねぇ、ねぇ、ところでさ、なにか見て行ってよ。」

    といってペンダントが並んでいるプレートを見せられる。

    やっぱし、そうきたか。。。。

    あぁ。。買い物させられる魔法をかけられた!(笑)

    魔法にかかってしまってる私は、導かれたかのように聞いてしまう。

    私:「これなに?」

    兄ちゃん:「ピンクドルフィンの歯のペンダント。」

    しばらくの沈黙のあと、

    私;「それは、誠か?」


    そんなものが、ここイキトスでは、存在するのか?


    兄ちゃん:「おれ、ここんとこ、何もたべてたいんだよぉ。頼むよ。。買っておくれよ。。。」

    魔法にかけられた私は、ちゃっかりほしいものを手に入れ、まんまとお金はらう。

    結び目マジック、サードアイ魔術商法にかかる私。

    おそるべし、魔術の町イキトス。




    ブログランキングに参加しています。
    精神世界

    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM