<< ジャングルで妖精を作る | main | ジャングルの一日 午後 >>
2011.05.31 Tuesday

ジャングルの一日 午前

0
    ジャングルの朝


    ロッジにこもって妖精人形を制作する予定だったが、海賊コリンドゥが私の部屋のベットの下にかくれているので、じゃまされると思い、コリンドゥと遊ぶことにした。

    「ハポネス!ハポネス!」

    →訳(やい!日本人!お前、昨日首に巻いていた冷却剤、マジクールを忘れてるぞ!あれ首に巻け!)



    マジクールを首に巻きつけ、ジャングルでの一日がはじまる。

    まず、トイレ。



    「カシャ!」

    ジャングルのパパラッチでもある、コリンドゥに待ち構えられてトイレから出てきた瞬間の写真を撮られる。


    次に土を掘り始めた。

    ひっくり返された土の中から、ちいさなミミズを引き抜きココナツのボールに集めていく。

    「ヴェぇ。。」

    朝一番の仕事はこれなのか。。。

    いっぱいいる。

    ピラニア釣りに使そうだ。

    なんだか、朝からとてもグラウンディングな仕事だな。


    ママは、大地にトウモロコシを巻き、ニワトリさんたちを呼びつけ餌をあげる。



    「チチチチチ・・・」

    ジャングルの鳥たちが活動しはじめる音を聞く。


    犬のチキータが遊んでくれと飛びついてきて、さっそく、私の服を汚す





    ジャングルの大地より掘り出したユカというイモがこちらでは日本でいう米の役目。



    ユカのイモ


    バナナなんかのフルーツとユカの朝食をとる。

    大地と太陽の両極のエネルギーが体に入ってくる。


    乾かない服は雨がふってもそのまま干しっぱなし。
    ジャングルの気候では、服はなかなか乾かない。


    それぞれが、自分の仕事につく。

    イモを掘る人、洗濯をする人、夕食の食材を釣りに行く人。。。。

    私はダニなどにさされた、体を木や葉の樹液で治療する。

    「おまえ、ピラーニアに食われたのか?」

    確かに歯型のようでもある。

    リマのホテルで何者かに攻撃された腕。




    カサブタを剥いでから、アルコールで消毒し、サングラデドラゴの赤い樹液を塗る。




    それがこちらのやりかたらしい。。。




    とは、いっても、ジャングルの人たち、ノースリーブ。

    日本人の私だけすざましい攻撃を受けている。




    川に繰り出しピラニア釣り。





    コリンドゥがさぼりはじめて、ミミズのついた釣り針が、私の顔の前を行ったり来たり。。



    「キヌカの夕飯がこのままだとないんだぞ。コリンドゥちゃんと釣りなさい。」


    そうだ。コリンドゥ。私の夕食のピラーニアを真剣につりなさい。


    ガイドさんに叱られるコリンドゥ。




    ジャングルの川の上に浮かび、魚の泡を眺めながらしずか〜にすること3時間くらい。



    一匹しか釣れなかった。

    しかも、退屈したコリンドゥが、その魚に、口からあまったミミズをいっぱい詰めた。







    魚のミミズ詰め。

    私の夕飯・・・?



    後編へ続く。。。





    ブログランキングに参加しています。
    精神世界
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM