<< ネパールで見た妖精の夢 | main | ヨガ、メディテーション体の変化 >>
2007.06.29 Friday

ヒーリングアーユルベーダを習う

0
    今日は、アーユルベーダの先生の施術を受けた。


    「毎日いろんなことを、いっぱい考えている人は体に問題がおこる。
    毎日頭をクリアに空っぽにする人、考えすぎない人は体になにも問題が起こらない。

    体はみんな同じ。ただ考え方やマインドが違うから体に現れる。」

    先生はそういった。

    この国(ネパール)の人たちを見ているとそう思う。

    物質的には不足しているけど、なんだかみんな幸せ。

    殆どの人が健康。なんせ、この暑さを平気で乗り切っている。

    日本と比べて、心がシンプルでだから健康。

    そう思う。


    私の中のたくさんの心配事や問題を先生のヒーリングアーユルベーダでクリアにしてもらう。

    先生がマッサージによって集めたネガティブなエネルギーは、足先から、手のひらから、頭の先から排出。

    おなかの上やむねの上にかき集められたエネルギーは、上のほうにポンってどんどん上げていって、神様に持って言ってもらった。

    最後に、肩や頭からエネルギーをぬきとっていった。


    そして先生が言った。

    人生は扇風機みたいなもの。

    スイッチを入れればスタートして、ぐるぐる回る。何かが起きては、いつかあなたの元を去っていく、そしてまた何かがおこる。みんなそうなんだ。人生はその繰り返し。

    ただそれを、神にゆだねるしかない。

    もしスイッチをオフにすればそれは終わる。

    何も起きないこと、それは死を意味する。

    私は、小さいころ「もう何も起きないでください。」そう願った。

    本当はいまもそうありたい。

    でも生きている限り、次から次へと問題はグルグル。

    1時間の施術を受け、頭の中が空っぽ状態になった。

    ヨガの時間に、先生は、何か見えるの?と聞いたことがある。

    先生は笑いながら、

    「ロータスポーズができないからねえ。多分、まだ第3の目は開いてないよ。はははは!」

    と笑っていた。

    いい人に出会ったと思う。

    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM