<< ヒーリングアーユルベーダを習う | main | ネパールで見た妖精の夢 >>
2007.06.27 Wednesday

ヒーリングアーユルベーダの練習1日目

0
    結局、5日間のアーユルベーダを勉強するコースに申し込んでしまいました。

    普通のとちょっと違うのが、ヒーリング風アーユルベーダということ。

    先生いわく、ハートに働きかけるアーユルベーダだそうです。

    部屋はベットが1つ入るくらいの大きさのネパールのローカルな部屋。とてもサロンなんかとはいえないけど、壁には一面筋肉図やら骨格ポスターなんか貼ってあり診療所みたいな感じ。

    話は変わりますが、これはネパールで見つけた
    チベットの人体システム図は“四部医典タンカ”というらしい。

    人間のエネルギーの通りやチャクラまで記してあって、なんだかダウジングに使えそうと思って買ってきたのだけど。





    なんと全部で80種類あるのだとか!!


    他にも、ヨガ教室に張ってありそうなポスターや薬草ポスターとかも見つけました。




    さて、話は戻って、診療所。
    天井近くには、シバ神、サイババ、イエスキリスト、ブッタのポスター。
    なんだかパワフルそうな部屋。

    先生は「メニィーメニィーゴツトパワーカミング」と冗談?を。



    「ここに張ってある神様ポスターはただのポスターだけど、神様は君の中にいるんだ。

    ただ意識しやすいようあそこに張ってあるけど。」

    先生はそういうと、患者さんの頭付近に立ち、「まずはじめに…」

    ヘッドマッサージかと思いきや、

    「お祈り。これからマッサージをするから、神様にこの人のネガティブなエネルギーを取り除いてどこかに持っていってください。って、そしていいエネルギーをパワーを送ってくださいってお願いすること。」

    私は、メモった。お願いはなんでも必要なエネルギーを必要なだけお願いしてよいそう。

    そして、マッサージの指導。

    ところどころで、

    「ここからこうやって、悪いエネルギーを捨てちゃって。ここから、自分の好きなエネルギーを入れて!」

    と、とってもインタレスティング!!

    ちなみに、患者サンも(今日の施術モデル)先生も、私の習ってるアシュタンガとハタヨガの先生。(おそらくスタッフは3人くらいのとても小さいセンターなんです。)

    マッサージの仕方も、なんかヨガが入っている感じ。

    手で体を支えて体重をコントロールし体ごと乗っかる(笑)

    …なんかそういうバランスのアーサナがあったような気がする。

    もっと楽に、できる方法があるような気がするけど、先生いわく、

    「このマッサージは毎日ヨガして鍛えておかないとできないんだ。」

    先生ハタヨガクラスは、マッサージに使う指などのマッスルのトレーニングもなぜか含まれている。

    背骨付近のマッサージでは、

    「これはチャクラオープンに有効なマッサージ。」

    施術モデルさんに「どう?オープンした?」って聞くと、

    「トイレに行きたい」って。その後はぐっすり寝てました。

    それを見て、先生「今、患者さんはユニバーサルマインドに行っています。」

    私「ちゃんと帰ってきますかね。もし帰ってこなかったら、日本では大変な騒ぎになります。」

    数分後、ヨダレをすすりながらちゃんと帰ってきました。

    今日のレッスンはここまでだったのでまた明日レポートします。
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM