<< ポカラからカトマンドウへ | main | チベットメディセンの眠り >>
2007.06.20 Wednesday

チベット医療を体験する

0
    今朝のメディテーション。

    メディテーションホールに誰かがドアをノックして入ってきました。みんな目を閉じていたので誰が入ってきたかわかりません。

    終わってから部屋を出ようとするとそこにはウ○チが!

    どうやらサルが入ってきてなぜか、ウ○チを神聖な部屋の中でしていったらしいのです。

    なかなか度胸のあるサルです。

    さて、昨日はチベット医療について少しネットでしらべてみました。

    星回りによって収穫時期を決め、一番薬草の効果があるときに収穫しそれを、医療効果の高い土や石なんかとマントラなんかを唱えながら乾燥させたり、練り合わせて作る特大正露丸風の薬はチベット独特の薬。

    チベット医療をしてくれるところで医師の診断のもと処方されるらしいのです。

    そしてゲストハウスへ戻ると、「私これからチベットクリニックに行くのよ。」というネパール人にあったので、ついていくことに。


    カトマンドウチャトラパティ付近のよく効く薬を処方してくれるとして有名なクリニックへ。




    待合室には同じゲストハウスの人がいました。

    そして私もついでに診察してもらいました。

    最初に脈を計ってから、簡単な質問に答えて。。。

    胃とお腹の調子が少しよくないと伝えました。

    ここに来る患者さんはほとんどがそうでしょうけど。

    薬は巨大正露丸だま見たいなのが、朝昼晩用とかわいい赤い袋に包まれたスペシャル玉が4つ。なんと1か月分も処方されました。


    ケミカルな薬でないのできっと効き目もゆっくりなのでしょう。

    日本に帰って水が変わればすぐに回復するとおもうんですが。。

    院内の待合テラス


    庭には緑が生い茂っています



    ちなみに今泊まっているゲストハウスのほとんどがお腹を壊しています。

    暑さと水が会わないのでしょう。

    それも、ひどく壊しているわけでなくてなんとなく「お腹の調子よくないねー。」「そうだねー私もだよ。」くらいな程度。(スタンダードな健康状態)

    小麦粉をお湯でといて蜂蜜なんかを、たらして食べてました

    私は今日はロータスカフェで日本食。
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM