<< あっという間に夜がきて。。。 | main | まさかの遭難? >>
2009.10.30 Friday

焚き火での話

0

    夜、焚き火の周りにみんなが集まり、ガイドのサウルから話を聞く。

    ピラミッドは全部で7つあるということ。




    3つは下4つはその上の段に、100メートルの間隔でたっていることを聞いた。

    発見されたのは15年前。

    多分そのときはピラミッドの地下通路やピラミッドの頂上にのぼれたけど、今は政府が管理しているから、行って見ないとわからないそうだ。


    そして、このもう少し先の上流に、すごく魚のつれるポイントがあって、そこでサウルが体験した話を聞いた。


    (サウルの話。)


    彼はその日、そこで大量に魚を釣っていた。

    次からつぎへと釣れるもんだから、釣れた魚を後ろへ、投げていた。

    すると、しばらくして、サウルの背中をだれかが、ポンポンと叩いた。

    振り返るとそこにはなんとジャガー!

    サウルの投げていた魚をかたっぱしから食べていたらしく、もっとくれと、さいそくしにきたらしい。

    びっくりして、サウルは、もっていたピストルで音をならすと、ジャガーはにげていった。

    魚をあげていたから、襲われなかったらしい。





    。。。と作り話なのかなんなのか、こんな状況でそんな話を普通にするサウル。

    それを聞いてか、私はテントの中でその夜ぜんぜん眠れなかった。


    「なぜ今、猟銃を持ってこなかったんだよ。」

    「獣が来たらどうするんだ?」



    テントの隙間から、遠くの山の向こうで光る稲妻を眺めていた。

    ジャングルの夜が怖いのか、ジャガーの話が怖かったのか、暗闇の中、不安の波が押し寄せてくる。。。




    ブログランキングに参加中です。
    精神世界
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM