<< 流されてきたメッセージ | main | 焚き火での話 >>
2009.10.29 Thursday

あっという間に夜がきて。。。

0
    5時間もアマゾンを歩きヘトヘトになって私たちは、今日キャンプを張るにちょうどよい川辺の広場を見つけた。



    シェフが夕食の準備を始め、日が沈むとあたりはあっという間に暗くなり出す。



    ここがリゾートの高級ホテルなんかだったら別なのだけど、自然との境界線のない、夜のアマゾンは、鳥の鳴く声やなにか動物の叫ぶ声が悲鳴のようにが響きわたりすごく不気味なのだ。




    私は、持ってきたトウモロコシや、この旅であつめたハーブなどを焚いて、この土地のスピリット達に祈りを捧げる。
    class="pict" />


    ロウソクの光で、地中に眠っていた羽の生えた不思議な虫たちが、一斉に飛び立っていった。

    そして夕食





    魚を釣り始めた男性陣は、それを揚げておいしそうに食べた。



    アマゾンの寄生虫でおなかを壊すわけにはいかなかった私達は、

    「ベジタリアンです!」

    といってシェフにトマトソースパスタを作ってもらう。





    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM