2015.11.10 Tuesday

メキシコの恋人が見つかるおまじないらしい。。。

0
    JUGEMテーマ:海外生活
    JUGEMテーマ:スピリチュアル


    こちらなんとメキシコのレストラン



    逆さまになっているのは聖アントニオ

    これ、なくしモノを見つけてくれるおまじないなのです。

    風水的にこれはどうなのか?と疑問ですが、こうやって聖アントニオを逆さまにすると見つかるらしいのです。

    この聖人が描かれたキャンドルとか、カードとかペンダントとかとにかく全部が逆さまに飾られていて目の前のノートにはお願い事が書かれています。

    で、読んでみると

    「二人のいい男を私に恵んでください。そのうち気にいった方を選びますから。。。」


    。。。!いいのか?こんなお願いで?


    どうやらこの聖人は恋人をも探してくれるそうで募集中の人は聖アントニオのさかさまペンダントを身つけるとよいそうです。

    目立ちますけどね。





    聖アントニオさんご苦労さまです。

     
    2015.11.05 Thursday

    メキシコ死者の日

    0
      JUGEMテーマ:スピリチュアル
      JUGEMテーマ:海外生活
      JUGEMテーマ:人生論



      ハロウィーン私はツィンツェンツァン

      Tzintzuntzan Pátzcuaro Michoacán

      という湖沿いのちいさな田舎町にやってきた。



      このまちの周辺には小さな島々があり、港では小魚のフライ屋台がでている。



      丘の上には P'urépecha遺跡。




      そしてこの遺跡から見下ろすことができる墓地が今回のメイン会場なのである。


      ハロウィーンの次の日はメキシコの大きなお祭りである死者の日。

      死者がもどってくる日なのである。


      夜になり、ぬかるんだ墓地にはいってゆくとそこは、キャンドルとマリーゴールドの幻想的な世界が広がっていた。





      メキシコ人はそれぞれの家族のお墓の前に座り、焚き火をしたり、スープを作って死者と時間を楽しんでいる。

      それぞれのお墓が美しくコーディネートされ、死者の日にはコンテストが開催されるとのこと。



      お墓=怖いというイメージが全然ないメキシコ。
      お墓の風景がとっても美しいのである。


      さて、死者の日。
      私は夢をみました。大きな目がねのかわいらしいメキシコ人のおばあちゃんが窓から家のなかを伺ってるのです。
      帰ってきたんですね。





      この時期、お墓をめぐるツアーとかもあるそうですよ。
       
      2015.11.02 Monday

      メキシコの図書館と魔法の書

      0
        JUGEMテーマ:海外生活
        JUGEMテーマ:スピリチュアル


        メキシコ モレリアにやってきた。



        たまたま、閉館寸前の図書館に紛れ込むことに成功した。


        古い本を扱う博物館なのかこういう古い感じの図書館は好き。
        一冊一冊にスピリットが宿っていて魔法についての本とかがまぎれていそう。




        本棚が3階まであって、この中から魔法の書を見つけ出すのは難しそう。。。
        なんて思っていると





        「あるよ。」





        ここに保管されている古い書籍はメキシコに渡ってきたヨーロッパの人達が持ち込んだであろうもの。
        カトリックで禁止されていた魔術に関しての書籍は燃やされて処分されたらしい。もちろん魔術の書を所持しているだけで罰せられるのだから、本を持っているだけで命がけなのである。






        なんと図書館の奥の方、メキシコの死者の日が近いせいか、魔術に関する本が8冊ほどショーケースに厳重に保管されつつも展示されていた。





        De magia liber / Antonii de haen1704-1766/ parisiis 1777 




        あとは、魔法物語とかデーモン召喚本とか、なんだか文字の書き込みとかあってすごかった。
        こういう本、昔からあったんだな。





        命がけで誰かが守って残してきたパワフルな書物達がこの図書館にはたくさん眠っている。



         
        2015.10.28 Wednesday

        メキシコ魔法市場

        0
          JUGEMテーマ:海外生活
          メキシコシティのソノラ市場の一角に魔法市場、(呪術に使うアイテムを取り扱う市場)がある。

          市場全体の約3分の1がこの不思議なウィッカクラフトの材料であふれかえっている。

          前々からすご〜く行ってみたかったのだが、ここはどうやら治安がよくないらしく、メキシコ人達に止められていた。

          。。。が、ボディガードが二人揃ったので、念願の魔術市場へ!





          レッツ、ショッピング!

          キャンドル、香水、石鹸、粉、さまざまな欲望を満たすパッケージが面白い。

          あそこにかざってある、アロエとニンニクのオブジェほしいな。



          エルフ?ときどきかわいい顔した人形がいる。生首人形はペルーイキトスの魔法市場にも売ってた。



          飲んではいけません。全部魔法香水です!




          主に、薬草やお香の原料などが売られている。黒い陶器とアルミの入れ物は炭を使う香炉。



          狭い通路にひしめく露店

          「何をお探しかい?」と店員さん。



          蛇の皮。



          魔法の杖の材料?さまざまな種類の木

          お香はリンゴに直接立てる。


          がすごすぎて結局観光で終わってしまったのだけど私の魔法の材料買付け市場リストに追加した。

          1 ペルーイキトスの魔法市場 (魔法力が一番高いけどほぼ持ち出し禁止)
          2 ボリビア魔法市場 (好きだけど標高がたかくて苦しい。)
          3 メキシコ魔法市場 (魔法が一番優しい感じ。人が多い)

           
          2015.09.30 Wednesday

          ミーティングポイントのパイライト

          0
            JUGEMテーマ:海外生活
             
            アメリカ・デンバー。
            ほんのちょっとだけ時間と空間を調整し、慣れ親しんだ場所、人、物に意識を合わせると、石にあふれたいつものこの場所へ到着する。



            止まっているような時間と変わらない同じ顔ぶれ。





            石屋さんでキラキラの眩い鉱物を見つけ




            「へ〜。パイライトってこんなにキラキラに光るんだ。。。はじめて見たよこんなの」

            とパイライトのパワフルなエネルギーに感激していると、


            「あなた、キヌカ???」

            と若い女の店員さん。

            有名になったもんだと考える事数秒。。。思い出した

            「あ!!!一緒にペルーで魚食べたことあるね〜。」

            さかのぼること2011年私はペルーを旅していた。

            日本語を話す私と、スペイン語を話す彼女。言葉も通じない私たちは、どういうわけか石がきっかけで友達になり、

            なんと、彼女の家まで訪ね、うまい魚(セビーチェ)を一緒に食べたという仲なのである。

            ようやくほんのすこしスペイン語を話せるようになったけど、どうやってコミニュケーションをとっていたのか今思うとほんと不思議である。


            ちなみに彼女はいつもすごいクォーツを連れてくる。

            それがこれだ。


            ペルーで産出する幻のペルビアンクォーツ!!


            「お手伝いではじめてデンバーに来たの。」

            と彼女はいう。



            このタイミングで再会したことだし、ペルーまたいっちゃおうかな。

            人と物やタイミングが出会うミーティングポイントに、パワフルなパイライトの鉱物の光り。

            石が、光の信号を放って、無意識に引き寄せられている。
            こんなところで偶然出会うなんて、石が繋げておいてくれている友人。
            そんな気がするのである。
            2015.09.27 Sunday

            ボルダー アメリカ

            0
              JUGEMテーマ:海外生活

              アメリカ、デンバーより40分バスにのりボルダーという街にやってきました。

              この街はどこかセドナっぽく街にはスピリチュアルなお店や本屋さんが並んでいて街から歩いていける距離にトレッキングができるフラットアイロンマウンテンがあります。




              街でトレッキングシューズを購入し、久々のハイキング。



              ロッククライマーが多いこのマウンテン。



              少し覚悟をしていたけども、やはり。。。。ロックだらけ。




              トレッキングの道もロックをクライムする感じです。



              上からの眺め




              ところどころピンク色の鉱物が落ちていたり、白い石英が岩の中に埋まっていて、景色も地面も楽しめる。
              筋肉痛と引き換えに大地のエネルギーを充分に充電できますよ。




              ピンクと白のカルサイトみたいな石。


              白い石英かしら?


              ロードナイトっぽい。





              ちなみに、ここからさらに40分車で走るとロッキーマウンテンがあります。
              人懐っこいかわいいリスがたくさんいました。

              2015.08.16 Sunday

              メキシコの街並み

              0
                JUGEMテーマ:海外生活
                JUGEMテーマ:海外旅行 総合


                おもちゃ箱をひっくりがえしたような街にやってきた。




                レゴブロックみたいな、細かい小さなパーツがはめ込まれたような街、

                メキシコグアナファト。




                街を歩いてみると橋の上がカフェになっていたりと、かなりおしゃれな街なのである。


                小腹がすいたらチョロス屋さんへ。




                メルカド市場ではメキシコ食堂が立ち並ぶ。



                フローライトの産地で、閉山した鉱山ツアーなんかもあったりする街なのだ。

                写真は石のランプ。

                様々なカラーから元気をもらえる街。
                Profile
                ▼魔法のアイテムを探す旅
                ●制作日記
                ●2014〜作品制作ブログ
                ●夢日記
                Selected Entries
                Categories
                Recent Comment
                Search this site.
                Others
                Archives
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM