2012.02.17 Friday

セドナの石とクリスタル

0
    セドナのレッドロックでは、にはところどころこんな石の結晶をみつけることができる。



    岩の内側に生えた白い結晶。

    さらにセドナから約1時間半くらい離れた場所にあるのがもっと大きな結晶達。

    アリゾナパイソンクォーツって言われている水晶。

    ハーキマーダイアモンドみたいな形をしている。




    カフェで会ったピッピーな女の子達は川辺で拾ったといい、アリゾナのパイソンで見つけることができるらしい。


    さて、実はセドナのクラウディアさんのリーディングを受けてきました。

    「私は、将来どんな作品を作っていきますか?」という質問に

    「3Dみたいな立体的な絵のようなもの。あと彫刻。後半はメタル系アートをするみたいよ。」


    昔そういえば石を貼り付けた、少し立体的な絵っぽいオブジェ作ったことがあるな。あの進化系なのかな。。。


    それにしても、いろいろ作ったなぁ。

    写真緑色のやつ

    http://rootpeople.net/?mode=f7





    「メタル?」

    少し興味があったんだよね〜。





    未来の私の作品をすこし覗いてもらいました。



    精神世界
    2012.02.13 Monday

    翼のボルテックスとシャドーピープル

    0
      朝、白いジープがやってきた。

      「君は子宮の洞窟に行きたいってきいているんだけど、実は今朝インフォメーションが降りてきて、もしよければ他の洞窟に連れて行こうと思うのだけどどう?。。。」

      ガイドをしてくれるミスターブライアンが言った。




      到着した場所はウィングボルテックスと呼ばれる場所で、岩の周りを女性性のエネルギーである川が流れ、岩の頂上に自然な形状の洞窟がぽっかりと空いている。


      半ば、ロッククライミング状態で岩にへばりつきながら、翼のケーブに入っていった。




      体をかがめて洞窟の中、ロックの内側を探検する。


      「なにか住んでいそうだね。」




      洞窟の内側の岩壁には、「ここにきたぞ!」っていう証を残したくって、人のサインや年号が彫り込まれている。


      「ここに、来たぞ!」

      私は、洞窟の中に妖精一匹。

      「ところで。。。スモールピープルってしってますか?」


      セドナで見た大きな宇宙船や、白い宇宙人の目撃話を聞いたあとだったのできっと知ってるだろうと思って聞いてみた。

      「視界の端っこで、すばしっこく動く小さな影のような存在のこと?」

      ミスターブライアンは知っていた。


      セドナで目撃されている不思議な存在達、小さなシャドー妖精。

      ジム長老も、チョコレート屋さんもそういえば見たって言っていた。






      洞窟はいろんな次元が重なり合っている不思議な場所。

      シャドー妖精の影はこんな場所から生まれていそう。





      精神世界

      2012.02.12 Sunday

      妖精の家再び。。。

      0
        アップタウンの定宿ラ・ビスタモーテルから、妖精の家があるエアポートメサまでは徒歩で30分ちょっと。

        運転できる人は、レンタカーを借りていくといいよ。

        その帰りにオーガニックスーパーのニューフロンティアによって、オーガニックな野菜をモリモリ食べて帰ってくるつていう散歩コースが日課になってきた。



        おかげで、体は絶好調。気持ち、足が少しひきしまったんじゃないかとか、ヒップアップしたような気がしてよろこんでいるところであります。。。



        さて、久々に、増殖した我々レッドロック妖精一群は仲間を増やして、妖精の家に久々に向かったのでありました。



        「あれ?木が一面伐採されて整えられている!」

        整備されてしまったのか、いたるところに、枯れた木が切倒されているではありませんか。。。


        「妖精の家があぶない!」

        妖精の家を探そうと見渡してみると。。。




        いくらか見晴らしがよくなって、すっかり見つかりやすくなっているではありませんか。。。

        こわされてしまっているであろうはずの、妖精の家は無事。


        いろんな思いで、妖精の無事を確認したく中を覗いてみました。

        「消えてるかなぁ。。それとも毛が生えてるかな。。。溶けてるかな。。」


        すると、レッドロックベイビーが前とかわらずに眠っているのが見えました。


        整備の方達が、中に妖精が寝てるから気をつかってここだけ整備せずに残しておいてくれたに違いありません。

        さっそく、私は連れてきたレッドロックベイビー達を家の中に入れて遊ばせてあげました。

        「ハロー!会いに来たよ!」




        これが、感動の、レッドロックベイビー家族の再会シーンです。




        精神世界

        2012.02.11 Saturday

        セドナと宇宙人

        0
          「セドナと言えば宇宙人なんでしょ?」




          最近しったんだけど、けっこうUFOや宇宙人のオブジェやお店がセドナにはあったりする。

          しまいには、セドナのレッドロック風景に3体の宇宙人がポテトチッスを食べているポストカードまで見つけてしまった。

          たくさん目撃されているからなのだろうか。。。

          そうだ!エササニ星人もセドナの上空にいるっていうじゃないか!

          それでね、いったいどのあたりにいるのかな〜って思って検討してみた結果ここが怪しい。。。と私はみた。

          UFOカフエ ダイナー



          グレイ星人と一緒に映ってるのはミーアクリスタルのミーゴジ。

          カフェのカウンターには一面UFO目撃写真。



          大胆だよね。

          カフェの店員さんはなぜか頭が濡れているので、多分宇宙人。
          粘液で身をコーティングしているにちがいない。

          そして、閉店したら上空の母船に吸い込まれるように帰るんだ。



          トイレの前にたたずむ、グレイ星人は進化したグラサンを直接眼球にかけている。

          さらに、いるちゃんに連れていってもらった、セドナにポカンと開いた穴ぼこも夜中になると、UFOとか、グレイ星人とかがワラワラ地底からでてきそう。。。



          立ち入り禁止になっている穴。

          けっこう深いよ。




          宇宙人でも妖精でも、私をびっくりさせるような未知なる存在が私の世界に現れてくれたらうれしいな。




          精神世界

          2012.02.09 Thursday

          旅の仲間

          0


            「地球ってこんな風なんだ。」



            岩の上からは、ただっぴろい景色に赤土のレッドロックと空とアリゾナの木がずっと広がっている。

            こうやって景色を眺めていると、高所恐怖症を忘れ、まるで自分が体から抜け出て、飛んでいるような気にさえなってしまう。



            右足と、両手を、地面からはなせば武空術は完成である。

            もう少しだな。。。



            さて、今日の旅仲間は、なんと司祭である。

            司祭とは儀式(セレモニー)をとりおこなう職業で、そういうライセンスがちゃんとあるそうだ。



            シャーマンみたいでしょ。

            いるちゃん。
            職種:司祭  仕事→主に世界各国の巡礼。

            いるちゃんの右手にあるのが、携帯電話。

            これで人間の電波をキャッチする。

            左手にあるのが、パープル ステラビームカルサイト。

            これで、人間以外のものと交信する。。。?

            「ピロピロピロ」

            いるちゃんの携帯が人間の電波をとらえた。

            それは、インディアンの長老からだった。彼らはインディアンの中でも戦士の部族なのだそうだ。(インディアン 職種:戦士)

            さらに、メディスンウーマン(女魔法使い)からもたてつづけて連絡が入る。

            なんだか、まるでドラクエのような仲間たちだな。

            僧侶 いるちゃん 
            魔法使い メディスンウーマン
            戦士 インディアンの長老

            そして私。魔法の道具屋 

            不思議な職業のドラクエみたいなメンバーが、携帯の電波で一瞬繋がる。


            精神世界
            2012.02.05 Sunday

            レッドロックの小さな妖精の家

            0
              ホテルから、とても徒歩圏内ではないのだけど、セドナのアップタウンから、シェイプアップをかねてエアポートメサというボルテックスのある地点まで歩いてみた。




              人のこなそうな木の影に座り込み、セドナの素敵な景色を眺め、私は、妖精を作った。

              セドナにはスモールピープルという小さな妖精がいるって以前聞いたことがある。


              セドナの石、セドナマーブルロックみたいでしょ。



              完成〜!

              それを、セドナレッドロックベイビーと名づけ、妖精の顔をポケットにしまいこみボルテックスを散歩。



              ↓エネルギーポイントのエアポートメサ





              そこで私は、不思議なものを発見してしまった。


              初めはこれがなんなのか、なにかのセレモニー跡なのじゃないかと思っていたけど、よく見ると、木の柵があって花壇があってレッドロックで作られた壁や屋根があって、これは誰かが作った小さな住人のための家だった。



              「小さな妖精の存在を感じ取った誰かが、小さな妖精のおうちを作ってあげたんだね。」


              たまたま、私は、妖精を作る人で、生乾きではあるが、妖精人形の顔と、粘土を持ち合わせていた。

              そこで即席の妖精の体を作りそこらへんの小枝で接続した。




              (ゴメン雪だるまみたいになった。アロンアルファを持ち合わせていなかったから。)


              そして、セドナレッドロックベイビーは、この家に入居することになった。





              「たまたま今日ここで産まれて、庭付きの家まで用意されているなんて、なんてラッキーな妖精なんだい?」


              しかも、家の中には石のベットやイスっぽい家具まで用意されている。


              レッドロックベイビーを石のベットに。

              「色もサイズも、ちょうどいいじゃん!」

              もし、エアポートメサでレッドロックベイビーに会ったらどうぞよろしく。

              精神世界
              2012.02.04 Saturday

              セドナにやってきました。

              0
                ツーソンミネラルショーにあと一週間ほどいる予定だったのだけど、買い付けが思っているより早く終わってしまい、予定を変更して制作にセドナへやってきました。




                私はどっちかというと南半球専門なので、セドナに3回も今世で訪れることになるなんて自分でも意外なのです。




                セドナといえば、以前、ジム長老に魔法の杖の作り方やハーブについて習った場所で、私の魔法アイテム制作聖地。

                ぶっ飛んだ不思議な夢を見るのもセドナならでは。

                以前のブログ

                2009年 セドナブログ

                さっそく私は魔法の薬草などを扱うお気に入りのお店でお買いもの。

                「うえっっ。狐の顔の皮?カメの足?なんだこりゃ。」

                外人の他のお客さんが悲鳴をあげている中で私は根っこのコーナーへ行く。





                このお店では、薬草やいろんな根っこを取り扱っている。


                「この根っこ少しください。」

                私が購入したのはベアルートという根っこで、喉の風邪やスエッドロッジなんかのセレモニーに使われたりもするそうだ。

                強烈なにおいがする根っこ。これがその写真。




                根っこを買ってご機嫌な私。
                これでセドナの妖精達を作るのです。


                精神世界
                2012.01.29 Sunday

                開運アイテム?玄関に置くアメジストジォード

                0
                  クリスタルを買いに、ツーソンのミネラルショーへやってきました。

                  ショーのテントにはアメリカンサイズな巨大なアメジストのジォードが並んでいます。

                  (ブラジル産なのですけど。。。)



                  ペアのアメジストアゲートを両端に置くと、特殊なアメジストなゲートになりそうですね。


                  せっかくならば、向い合せて配置してほしいです。



                  このアメジストジオード(洞窟状のアメジストの結晶体)は風水アイテムとして開運や財運をあげたりするために玄関に飾られたりすることがあるのですが、このサイズとなると、住まい→神殿サイズ。

                  もし、横に倒したら、縦に2人くらい中に入って寝れそうです。



                  さて、問題これはなんの原石でしょうか?






                  チッチッチッ×3



                  答えは

                  裏面





                  ラリマーです。

                  ドミニカ共和国で取れるブルーの綺麗な石です。

                  きっと、ドミニカのビーチが綺麗なブルーだからこういうブルーの石が採れるんだな。と、ついこないだまで信じていました。

                  いってみたいなぁ。。ドミニカ共和国。

                  それではまた明日。

                  おやすみなさい。



                  精神世界
                  Profile
                  ▼魔法のアイテムを探す旅
                  ●制作日記
                  ●2014〜作品制作ブログ
                  ●夢日記
                  Selected Entries
                  Categories
                  Recent Comment
                  Search this site.
                  Others
                  Archives
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM